妊活をする前に知っておきたい事

Family Plan

妊活をする前にまず知っておきたい事

妊活をする前にまず知っておきたい事 妊活をすると決めたら、会社を休んだり、妊娠のことだけに集中したりという気持ちが出てくるのは当然でもあります。人気女性芸人さんが妊活という言葉を使って、休業期間を設けたことから、そういった流れが正解なのだというように思いがちです。
しかし、実際に会社を辞めることが妊活という事ではありません。
確かにゆっくりと体の疲れを取り、体と精神を休めるという意味では、休業をするというのも一つの方法かもしれません。しかし、仕事をやめても赤ちゃんが授からないというようなことがある場合には、余計なストレス、ジレンマが発生してしまうということにもなりえます。
ですから、妊活イコール仕事を休む・・ではなく、体と心を妊娠出来る形に整えていくということ、そして命を授かるためにどういったことが大事なのかという知識を充実させるという事が重要だと考えておくべきではないでしょうか。
ストレスが多い社会でもありますので、仕事をしているとどうしても、イライラや、自分が望む時間で生活が進まなかったりということがあります。少しずつ妊娠のためにそういった生活の中で改善できる部分を見つけていくということを目標としていきましょう。
自分自身の気持ちや知識をよりよく妊娠に向けて修正して行くということも、とても重要ではないでしょうか。

妊活をするのに年齢はあるのか

女性が妊娠可能な期間は大体生理が始まってから閉経までですね。
そして女性の社会進出が目覚ましく、晩婚化となっている日本においては、初婚年齢が30歳前後、初産年齢も少しずつ上がっているという現状があるのです。そのために妊活を始めるのが、30代になってからということも少なくありません。
女性の身体の年齢を追うごとに少しずつ老化をしてきますが、女性の体内にある卵子というのも少しずつ老化をしていきます。そのために年齢を追うごとに妊娠しづらくなるということもあるのです。
妊活をするのに早いということはありません。妊娠をしたいと思った時が始め時です。
ではどのように進めていくといいのでしょうか。それは少しその女性の年にも関連があるでしょう。
もしも出産出来る年までのタイムリミットが近づいているという場合には、産婦人科を訪れて一番効果的な方法で、早く妊娠することを目指せるように妊活をしていく必要がありますね。
また年を重ねるごとに妊娠は難しくなります。またタイムリミットまで時間があるという人にとっては、少し自分で妊活をしていることもよいかもしれませんね。
それでも難しいようだったら、産婦人科を受診してチェックしてもらうとよいでしょう。

「妊活」関連の情報リンク

専門家の方から頂いた正しい妊活の知識を紹介するサイト

妊活